「神棚」を祀る習慣・歴史は、いつから始まった?


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/users/2/cwworks/web/kamidanalife.com/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 158

神棚をしつらえ、御神札をお祀りする習慣はいつうまれたのでしょうか。はっきりとはわかっていませんが、江戸時代中期以降からうまれた習慣だと考えられています。

広告

江戸時代、伊勢の「御師」が御神札を配って歩いた

この絵草紙は文化5(1808)年に発刊された曲亭馬琴作、葛飾北斎画による『三七全伝南柯夢(さんしちぜでんなんかのゆめ )』の一節です。緋色の枠線で囲った部分に神棚が設えられているのがわかります。

江戸中期以降、伊勢の神宮の御神徳を全国各地で説いてまわる“御師”と呼ばれる人々がいました。この御師によって神宮の御神札が配られ、信仰が広められていったのです。

この御神札を祀るために作られたのが神棚の始まりだといわれています。当初は御神札を入れて置く簡素なものだったのが時代を経て豪華になっていき、現在も目にする宮型ができたと考えられています。

おすすめ神棚と御札立て5選

  • 壁に取り付けられるコンパクトな御札立て
    4.3

    岐阜県・郡上八幡の木工所が造るコンパクトな御札立て。壁に取り付けられるので省スペースで御札をお祀りすることができます。

  • 賃貸物件におすすめ! 棚の上に置いて使える神棚
    5

    壁に掛けたり、本棚やチェストの上に置いて使用できる箱宮タイプの神棚です。御札を見せたくない人にもぴったり。

  • かわいい、インテリア神棚ならコレ
    3.8

    フェルト製のユーモラスな神棚。壁に掛けたりチェストや本棚に置いて使うこともできます。

  • お供え用の神具と一体型のモダン神棚
    4

    和モダンなデザイン性抜群の神棚。洋風インテリアのおうちやオフィス、ショップにも馴染みやすいです。お榊やお水、お塩などのお供えモノも置きやすい。

  • 鳥居の装飾付き、簡易御札立て
    3.5

    ひのき製の簡易的な御札立てです。装飾に鳥居がついていて小さな神社の雰囲気に。透明カバーがついているので埃も入りにくいタイプです。

 

広告
>神棚と御札をもっとわかりやすく、身近に。

神棚と御札をもっとわかりやすく、身近に。

神棚や御札の祀り方の基本から、毎日の奉仕をわかりやすく解説するほか、家の中の神様や洋風建築にも設置しやすいモダン神棚などを紹介するサイトです。

CTR IMG