「神棚」の正しいお祀りの仕方

神棚の設置に際しては、事前に部屋にお祀りする前に神社で道具類のお祓いをしてもらいます。できれば神職さんを自宅にお招きして空間のお清めと道具類のお祓い、神様に鎮まっていただき家族を見守っていただくようお伝えいただく「神棚奉斎」をしていただくとよいでしょう。

「神棚をしつらえる」というと、とても仰々しいイメージがつきものです。でも、毎日神様を敬い、大切にする気持ちがあれば大丈夫。必ずしも宮型を用意しなければならないわけでもないのです。

ここでは、いったん神棚の本式の祀り方とお供えに必要な祭器具について解説していきます。

神棚の正しい祀り方は、上記の図のとおりです。それぞれのポイントも列記しておきましょう。

◯  棚板
天井から棚を吊るか、木製の棚受を取り付けて棚板を渡します。賃貸で壁に穴を開けたくない人は、タンスやチェストの上に半紙や奉書紙、白い布を敷いて宮型を設置しても可。

◯ しめ縄
邪気を祓い、神様のために清浄な空間をつくります。太いほうが正面からみて右にくるよう設置し、等間隔で紙垂を下げて年末には新しいものに取り替えます。

◯  神鏡
神様の象徴で、正面中央に置きます。

◯ 灯明(神灯)
御神前を明るくするために設置します。

◯ 榊(榊立て)
神聖な樹木である榊は一対で設置します。

◯ 水器
毎日のお供えに必要なお水を入れる器で、御神前にお供えする際には蓋をとります。

◯ 瓶子
御神酒を入れる器で、一対で設置します。

◯ 平瓮(ひらか)
毎日のお供えに必要なお米やお塩を入れる器です。

 

icon-check-square この記事と合わせて読みたい関連記事
icon-chevron-right 使用する道具は最初にお祓いを →「新しく神棚を祀るときには「神棚奉斎」をしてもらおう」
icon-chevron-right 神棚のお手入れは年に2回行います→「神棚の大掃除の手順」

 

広告
スポンサードリンク

おすすめ神棚と御札立て5選

  • 壁に取り付けられるコンパクトな御札立て
    4.3

    岐阜県・郡上八幡の木工所が造るコンパクトな御札立て。壁に取り付けられるので省スペースで御札をお祀りすることができます。

  • 賃貸物件におすすめ! 棚の上に置いて使える神棚
    5

    壁に掛けたり、本棚やチェストの上に置いて使用できる箱宮タイプの神棚です。御札を見せたくない人にもぴったり。

  • かわいい、インテリア神棚ならコレ
    3.8

    フェルト製のユーモラスな神棚。壁に掛けたりチェストや本棚に置いて使うこともできます。

  • お供え用の神具と一体型のモダン神棚
    4

    和モダンなデザイン性抜群の神棚。洋風インテリアのおうちやオフィス、ショップにも馴染みやすいです。お榊やお水、お塩などのお供えモノも置きやすい。

  • 鳥居の装飾付き、簡易御札立て
    3.5

    ひのき製の簡易的な御札立てです。装飾に鳥居がついていて小さな神社の雰囲気に。透明カバーがついているので埃も入りにくいタイプです。

 

広告
>神棚と御札をもっとわかりやすく、身近に。

神棚と御札をもっとわかりやすく、身近に。

神棚や御札の祀り方の基本から、毎日の奉仕をわかりやすく解説するほか、家の中の神様や洋風建築にも設置しやすいモダン神棚などを紹介するサイトです。

CTR IMG