「神棚」は家のどこに設置する?

神棚や御神札立ては、家のなかのどこに設置するとよいのでしょうか。神棚を置くべき場所には、いくつかの条件があります。

広告

条件1:家族みんなが集まる場所

「神棚」をつくる目的は、神様を自宅に招いて家族みんなの幸せを祈ることにあります。ですから、家族が集まって過ごすリビングが最適です。「インテリアに合わないから」といって、普段は誰も使わない和室や客間にお祀りするのはNGです。

条件2:「南向き」か「東向き」になる場所

神棚には太陽の神様である「天照大御神」の御神札をお祀りします。そのため、太陽の光がふりそそぐ「南向き」もしくは日が昇る「東向き」になるような場所に設置してください。

条件3:神様より上に人の行き来がない場所

神棚の上を人が歩いたり、寝起きなど生活しない場所にお祀りします。一戸建ての住まいなら2階に設置するようにします。ただし、家族が集まるリビングが1階にあるお宅はこれにこだわらず、1階に神棚をつくります。

この場合「ここが最上です」という意味で、神棚の上に「雲」と書いた紙や板を設置してください。マンションやアパートなどの集合住宅も「雲」をつけてください。

条件4:明るい場所

神様に鎮まっていただく場所ですから、陽の光がたっぷり入る明るい場所がベストです。窓がなく、湿気がこもりがちな場所は避けてください。締め切ることが多い押入れや、クローゼットの中にお祀りするのもNGです。

条件5:清浄な場所

神様は穢れを嫌うので、神棚のそばにトイレがないかも重要なポイントです。神棚を設置したお部屋は、常にお掃除をして雑然とものを置かないようにします。ゴミ箱も近くに置いてはいけません。

条件6:人の出入り口や行き来が多くない場所

人の行き来がはげしい廊下は神様が落ち着かず、設置には向いていません。人が出入りするドアや襖、障子の上も同様です。神様の下をくぐるのは不敬にあたりますので、出入り口に神棚をお祀りしないでください。

 

おすすめ神棚と御札立て5選

  • 壁に取り付けられるコンパクトな御札立て
    4.3

    岐阜県・郡上八幡の木工所が造るコンパクトな御札立て。壁に取り付けられるので省スペースで御札をお祀りすることができます。

  • 賃貸物件におすすめ! 棚の上に置いて使える神棚
    5

    壁に掛けたり、本棚やチェストの上に置いて使用できる箱宮タイプの神棚です。御札を見せたくない人にもぴったり。

  • かわいい、インテリア神棚ならコレ
    3.8

    フェルト製のユーモラスな神棚。壁に掛けたりチェストや本棚に置いて使うこともできます。

  • お供え用の神具と一体型のモダン神棚
    4

    和モダンなデザイン性抜群の神棚。洋風インテリアのおうちやオフィス、ショップにも馴染みやすいです。お榊やお水、お塩などのお供えモノも置きやすい。

  • 鳥居の装飾付き、簡易御札立て
    3.5

    ひのき製の簡易的な御札立てです。装飾に鳥居がついていて小さな神社の雰囲気に。透明カバーがついているので埃も入りにくいタイプです。

 

広告
>神棚と御札をもっとわかりやすく、身近に。

神棚と御札をもっとわかりやすく、身近に。

神棚や御札の祀り方の基本から、毎日の奉仕をわかりやすく解説するほか、家の中の神様や洋風建築にも設置しやすいモダン神棚などを紹介するサイトです。

CTR IMG